1/12深夜のプチ遠征

天気予報を入念にチェックしたうえで大雪波浪警報の中、現地へ到着すると読みは半分当たっていた(笑)
無風状態のベタナギです。釣り人皆無、雪満載!
積雪のため消波ブロックに乗ることは当然不可能。
不幸中の幸いといった現場状況とでもいいましょうか(笑)
しかし魚信が全然ないのでこれは「幸い」とは言いがたい

釣れ無さそうな場所へキャストしてみると元気なアタリに歓喜!

結構ヤル気のある個体じゃないか!?

170113-002021_R.jpg

小さ目だけど・・・

その後も港内を移動しましたが反応なし!ということで終わり。

またよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

1/10の新年あけましておめでとう釣行 for 道南

1月中旬になってしまいましたが、新年あけましておめでとうございます。
ことしも当ブログをご愛顧いただける様に記事をUPして参りますので ヨロシクお願いします。

さて、毎年1月10日頃までに正月釣行を済ませている訳であるが今年は予定が立たず11日深夜から早朝の釣行となりました。

寝ずのドライブで道南へGO!さていつもの漁港で実釣開始!朝4:10のことである。

風があるものの、そこは漁港を取り囲む壁に遮られてほぼ無風状態のコンディション。当然この時期では早朝といえども真っ暗闇・・・

さぁ30分の積もりで車からポイントへと歩いて1分、スピニングタックルに巻き替えたばかりのPEライン!

ゆっくりと海底より少し上をリトリーブしているとキタッ!

結構強い引きっ!

1尾目

太平洋の個体はメタボちゃんで引きもよくカッコイイ!!このサイズの魚体に対してアジングロッドを使ったらと考えると
きっとハラハラして楽しいことだろう・・・ゲーム性の向上が期待できそう♡

ここで爆釣を予感してしまったのであるが、実際にはさにあらず・・・

だが少しの間頑張っていると・・・これまた力強いゲームを繰り広げることになる、ドラグサウンドが気持ちを高ぶらせる

デカガヤ

ガヤ(エゾメバル)にしては良型であろう!この場所のガヤはいつ来てもこんなサイズなのである。流石だ!

今回はデカガヤポイントにはズラリと漁船が係留されているので・・・そこだけ残念!

とはいうものの、漁師さんには釣りをさせていただいている という気持ちを忘れてはならないですな!

あまり時間がない中、イイのが来てくれないか!?と一級ポイント周辺を探り続けているとこんなん出ました。

デカソイ1デカソイ2デカソイ3 同じ魚の写真を3枚♪

フックを外そうとしても口を開いてくれない・・・プライヤーが口に入らない・・・頑固に口を閉じたままだったので

リリースするのにも一苦労なのであった。

抜群のやり取りを楽しませてもらった!はぁ~、楽しかった。これでおしまいっ!!

2017年がはじまった。今年は悩ましい年になりそうな予感。

途中、豆ソイを2匹ゲットしたのはナイショだ!


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

11/17と10月の釣果はいかに!?

昨夜行って来ました、冬のロックフィッシュ釣行へ!

その前に実を言うと先月(10月)にも何度か出かけてみたのではあるが、なんとも気乗りしないなか出かけてみたのであったがここでご報告していなかったものですから、サラッと画像だけ貼り付けて記録とします。

161017-031723_R.jpg 161017-034336_R.jpg

上の画像2枚は10月17日の釣果の一部である。今になって写真データの撮影時間を確認してみると深夜以降の3時過ぎた頃の出来事であったことが分かる。こんな時間にフラフラと釣りに歩いていたのもどうかしているのかもしれないが、きっと癒されたかったのであろう(笑)と思ってご理解いただきたい。
画像右のシマゾイは小粒なサイズでありながらも、それ以上を思わせる強い引きであった。25cmを超えた個体の引きを想像してみるところであるが、きっと期待を裏切らないであろうことは容易に理解できる。せめて20cmでもいいからと思う次第なのである。

さて、次に行くことにしよう。
161019-012852_R.jpg 161019-012907_R.jpg

上の画像は10月19日にプチ遠征した時のものである。右側は左画像を接写したものだ。思い出してみるとこの時はかなり渋い状況であった。いつものお楽しみポイントでは全く反応を得られず、仕方なしに港内を車で移動。車を降りてスグのお気楽ポイントの実績ある場所をピンポイントで攻めたのである。ここでなにも出なければお手上げであったのだが、期待を裏切らなかったのである!ようやく手に入れた満足できる獲物なのであった、その後は安心して帰路についたのである。

さて、いよいよ昨日11月17日の釣行記をメモしておこう。

プチプチ遠征で隣町へ
気温は‐1度 中潮 海水温10.2度 防波堤に雪は無し

21:00 スタートフィッシング
グラスミノーL チカチカ室蘭カラー にジグヘッド3.5gで上から下まで探るが反応なし。これは最悪のボーズの二文字が頭をよぎる。30分経過して根掛かりしラインブレイクしたのを機にリーダーを結び直し心機一転。ワームをパラマックス5インチ+ジグヘッド5gに変更。リフト・フォールを繰り返しているとアタリ!しかも7フィートちょいの竿をマックスまでリフトしたところでのバイトなので、アワセが大変でした。竿の穂先は自分の頭よりも後ろに来ているところで更にアワセを入れるという、至難の業(笑)竿先がベランベランッ!と泳ぎながらリールも同時に巻くアワセとなりましたが、どうにかノッタ!

161117-213043_R.jpg

なかなかE~サイズだし引き心地も良い。この後も先ほどと同じパターンで誘いをいれ、やはり同じように至難の業でのアワセでノッタ!

161117-214934_R.jpg

背びれがペッタンコなので やたら細長く見える個体ですが良きかな。

スイミングや少し上の層をリフト・フォールしてみたりもしたのだが、全く当たらない・・・再度先ほどと同じ方法に戻すとこれまた至難の業での姿勢でアワセることになったのである。

161117-215629_R.jpg

こんなにやりにくいパターンがはまったのは初めてである。こういうことで竿の長さが必要になることもあるのだな、とお勉強になりました。
場所をちょいと隣に移動して暗闇にキャストし、街灯の明かりがじんわりと照らし出すところへとリグを引いてくるとHIT!!

161117-220502_R.jpg

次も同じく

161117-221822_R.jpg

サイズは25cm程度。ただ引きがとても強かったので てっきり尺越えがキタかと錯覚するほどでしたがご覧の通り。
太々しい目付きで上から目線で睨まれてしまいました。

ということでおしまい!
周りにはイカ狙いの釣り人が居られた様であるが、私と同業はなく、少し寂しかったな~

今回は特に、魚の居る場所を探し出せれば釣れるという感覚が強い釣行でした。

それではまた次回よろしくお願いします、さようなら。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

9/1にロックフィッシュを獲った記録 良型だよ!

9/1 19:00 開始!
海水クリア、大潮の下潮、風1メートル、気温23度

コンディションは良好。色々ありすぎて久しぶりに釣りをして気分転換しようとプチ遠征。今回は小さいのは無視するという作戦でボトム狙い一本。その割にはテキサスリグは使わないんだけど…
10gジグヘッドにロックマックスを装着、着底しゆっくりリフト後に素早く糸ふけを取り除きカーブフォールし続けているとトンッとバイトあり!

引きが強く期待させられる。獲物を表層まで誘導しランディングしようとしたところでチャポン♪…さいなら〜25センチ以上と思われるクロソイに別れを告げる事も出来ず…
これはまだ来るな、と再びキャスト。なるべく深場を狙い丁寧に海底付近にリグを漂わせてるとトンッ!
素晴らしく抵抗してくれるもんだから忙しいのなんの…手前の消波ブロックをかわさなければならないので少しだけマジになってしまいました。

160901-193840_R.jpg 160901-193850_R.jpg

その後も順調に

160901-194531_R.jpg


27センチ位のが来てくれたけど、徐々に当たりが遠のいてきた。ロッドを7.4フィートのクロダイロッドから6.4フィートのバスロッドへチェンジ!YES YOU CAN!そう、今回はロッド2本体制なのである。

やはりボトムを丁寧に探り続けているとバイトあり!
突進する魚の動きがズンズンと竿に伝わって来る。手前の消波ブロックに差し掛かるより前に獲物を表層に浮かす必要があるので、短いロッドを高くリフトして巻き取るポンピングを繰り返し無事にゲット。

160901-202926_R.jpg 160901-203006_R.jpg

30オーバーありました!!私としてはかなり良いカタです。メタボ体型が勇ましくこれぞクロソイかなと。ふてぶてしそうな顔つきがカッコイイ〜 ドキドキしながら取り込みました。

もっと来い!と念じながら近隣を探ると

160901-204823_R.jpg

またキテクレマシタ!
なかなか良いサイズ!その後はいつも良く釣れるところでやってみたけど、今回釣れた場所以外は全然バイト無し・・・釣り場を一人貸切状態で満喫したのであった。まさに夏枯れ中だけど居る場所に集中しているのかも・・・

今回初めに使っていたいつものクロダイロッドは長さもあり穂先が柔らかくタメが効くのでバラしにくい。更に感度がダントツに良いのだが、引きの楽しさは6.4フィートのバスロッドMLの方が断然上なのであった。もっと感度の良い現代のバスロッドが欲すぃ~。

とても勉強になった釣行なのであった。早めに撤収して帰ろう~ 21:30には竿を納めたのであった。

そろそろまた青物狙おうかな( ̄ー ̄)ニヤリ

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

7/26苫小牧ボートロックフィッシング

7/26 12:30からボートに乗り込み3人で出船!小樽を出発時には素晴らしい天候だったのに苫小牧は雨模様…
どんより曇り空に小雨が降る中、波は2m、こんな状況でも出船していただいた船長に感謝しつつ乗船し出撃!ウネリに揺られて現場へ到着すると海水は濁り、良い状況とは言えないが久しぶりに期待高まるボートロックフィッシング開始!
ベイトタックルに12ポンドフロロラインに25グラムのシンカー+パルスワーム6インチ赤を装着しキャスト。反応がなかなかない…ボトムを狙いアブラコ様の降臨を待つが異常なし。次に先ほどより大きくリフト&フォールを繰り返すと、フォール中に違和感!軽く合ワセてみると乗りましたっ!

52センチの


アブラコ(アイナメ)ゲットだぜ!太くてナイスバディだ。
いつの間にか小雨がやんでいたが相変わらずのどんより空模様。海面のウネリが徐々に強くなっている中でも3人の釣り人はひるむことなく獲物を狙い続ける。
外海側から内海側への流しに変わり、ポイント際をタイトに攻めるKさんは1人ポンポンとアイナメをゲット!私と同じワームを使っているのに釣果は歴然でございます。タケさんも赤いワームでアイナメをゲット。いうまでもないが、オカッパリに慣れきった私の眼の前にあがってくる獲物はどれもデカアブばかりだ!オレも行くぜー!とばかりにバックハンドでキャストしていると軽くバックラッシュしてしまい(汗)どこにアイナメはいるんだ、と探りながらもいつの間にかスピニングタックルに持ち替えて時々獲物をゲットしニンマリ。
ここで一瞬だけポケモンGoを起動し海上でモンスターが出現するのかを確かめてみるが何も出現しない。余計なことをしてしまった(笑)
ソイは釣れずアイナメ オンリーでしたが、数は少ないものの悪天候の割には楽しめました!私は10尾弱釣れたかどうかという感じでした。
帰りは苫小牧市内のパン屋さんにタケさんと立ち寄った。メロンパンのラスクが本当にクソ美味かったです(笑)
ご一緒いただいたタケさん、Kさん、ありがとうございます。
酔い止めの効いた私は適度な疲労感と相まって帰りは頭がボーっとしてる中、ずっと運転してくれたタケさん、いつもながら色々とありがとうございます。
次はたくさん釣るぞ!と心に思い描いたのであった。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村
NEXT≫
釣り情報はこちらから
プロフィール

クーネル

Author:クーネル
生息地:北海道小樽市
年齢:約40歳
根魚暦:2007年よりワームフィッシングを始める
コンセプト:釣行の記録

最新記事
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
FC2カウンター
全記事表示リンク
今の閲覧者の人数です
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
398位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
select the language
便利帳
PVアクセスランキング!
今のニュースは?