9/1にロックフィッシュを獲った記録 良型だよ!

9/1 19:00 開始!
海水クリア、大潮の下潮、風1メートル、気温23度

コンディションは良好。色々ありすぎて久しぶりに釣りをして気分転換しようとプチ遠征。今回は小さいのは無視するという作戦でボトム狙い一本。その割にはテキサスリグは使わないんだけど…
10gジグヘッドにロックマックスを装着、着底しゆっくりリフト後に素早く糸ふけを取り除きカーブフォールし続けているとトンッとバイトあり!

引きが強く期待させられる。獲物を表層まで誘導しランディングしようとしたところでチャポン♪…さいなら〜25センチ以上と思われるクロソイに別れを告げる事も出来ず…
これはまだ来るな、と再びキャスト。なるべく深場を狙い丁寧に海底付近にリグを漂わせてるとトンッ!
素晴らしく抵抗してくれるもんだから忙しいのなんの…手前の消波ブロックをかわさなければならないので少しだけマジになってしまいました。

160901-193840_R.jpg 160901-193850_R.jpg

その後も順調に

160901-194531_R.jpg


27センチ位のが来てくれたけど、徐々に当たりが遠のいてきた。ロッドを7.4フィートのクロダイロッドから6.4フィートのバスロッドへチェンジ!YES YOU CAN!そう、今回はロッド2本体制なのである。

やはりボトムを丁寧に探り続けているとバイトあり!
突進する魚の動きがズンズンと竿に伝わって来る。手前の消波ブロックに差し掛かるより前に獲物を表層に浮かす必要があるので、短いロッドを高くリフトして巻き取るポンピングを繰り返し無事にゲット。

160901-202926_R.jpg 160901-203006_R.jpg

30オーバーありました!!私としてはかなり良いカタです。メタボ体型が勇ましくこれぞクロソイかなと。ふてぶてしそうな顔つきがカッコイイ〜 ドキドキしながら取り込みました。

もっと来い!と念じながら近隣を探ると

160901-204823_R.jpg

またキテクレマシタ!
なかなか良いサイズ!その後はいつも良く釣れるところでやってみたけど、今回釣れた場所以外は全然バイト無し・・・釣り場を一人貸切状態で満喫したのであった。まさに夏枯れ中だけど居る場所に集中しているのかも・・・

今回初めに使っていたいつものクロダイロッドは長さもあり穂先が柔らかくタメが効くのでバラしにくい。更に感度がダントツに良いのだが、引きの楽しさは6.4フィートのバスロッドMLの方が断然上なのであった。もっと感度の良い現代のバスロッドが欲すぃ~。

とても勉強になった釣行なのであった。早めに撤収して帰ろう~ 21:30には竿を納めたのであった。

そろそろまた青物狙おうかな( ̄ー ̄)ニヤリ

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

7/26苫小牧ボートロックフィッシング

7/26 12:30からボートに乗り込み3人で出船!小樽を出発時には素晴らしい天候だったのに苫小牧は雨模様…
どんより曇り空に小雨が降る中、波は2m、こんな状況でも出船していただいた船長に感謝しつつ乗船し出撃!ウネリに揺られて現場へ到着すると海水は濁り、良い状況とは言えないが久しぶりに期待高まるボートロックフィッシング開始!
ベイトタックルに12ポンドフロロラインに25グラムのシンカー+パルスワーム6インチ赤を装着しキャスト。反応がなかなかない…ボトムを狙いアブラコ様の降臨を待つが異常なし。次に先ほどより大きくリフト&フォールを繰り返すと、フォール中に違和感!軽く合ワセてみると乗りましたっ!

52センチの


アブラコ(アイナメ)ゲットだぜ!太くてナイスバディだ。
いつの間にか小雨がやんでいたが相変わらずのどんより空模様。海面のウネリが徐々に強くなっている中でも3人の釣り人はひるむことなく獲物を狙い続ける。
外海側から内海側への流しに変わり、ポイント際をタイトに攻めるKさんは1人ポンポンとアイナメをゲット!私と同じワームを使っているのに釣果は歴然でございます。タケさんも赤いワームでアイナメをゲット。いうまでもないが、オカッパリに慣れきった私の眼の前にあがってくる獲物はどれもデカアブばかりだ!オレも行くぜー!とばかりにバックハンドでキャストしていると軽くバックラッシュしてしまい(汗)どこにアイナメはいるんだ、と探りながらもいつの間にかスピニングタックルに持ち替えて時々獲物をゲットしニンマリ。
ここで一瞬だけポケモンGoを起動し海上でモンスターが出現するのかを確かめてみるが何も出現しない。余計なことをしてしまった(笑)
ソイは釣れずアイナメ オンリーでしたが、数は少ないものの悪天候の割には楽しめました!私は10尾弱釣れたかどうかという感じでした。
帰りは苫小牧市内のパン屋さんにタケさんと立ち寄った。メロンパンのラスクが本当にクソ美味かったです(笑)
ご一緒いただいたタケさん、Kさん、ありがとうございます。
酔い止めの効いた私は適度な疲労感と相まって帰りは頭がボーっとしてる中、ずっと運転してくれたタケさん、いつもながら色々とありがとうございます。
次はたくさん釣るぞ!と心に思い描いたのであった。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

レボネオス2500MSHを2年半ぶりにプチ・メンテナンス

前回は2013年12月に同様のメンテナンスを行った。この2年半もの間、水洗いとオイルスプレーのみ(主にライトショアジギングと冬のロックに使用)であった。使用頻度が少なかったとはいえ心配になって来た事もありメンテしようということになった。

ギアハウジングから全て分解するわけではございませんので、あしからず。

160711-131803_R.jpg 160711-140526_R.jpg

前回とほぼ変わらない作業工程。写真からご想像くださいまし。

160711-144601_R.jpg

先のとがった綿棒をいくつか用意し、ギアやその周辺に付着した古いグリースを丹念に除去していきます。

160711-144634_R.jpg 160711-144701_R.jpg

ここまでである程度十分に古いグリースを除去できたのですが、どうも納得がいかずに次なる作業を決行!

より一層の脱脂を行った後に新グリースを塗布するべく用意したのは

160711-151143_R.jpg

自動車メンテナンスコーナーに販売されているアレです。これはプラスチックにも無害なのでネオスにも安心して使えるかと。

160711-153000_R.jpg 160711-153157_R.jpg

160711-153218_R.jpg 160711-153320_R.jpg
脱脂してさわやかに♪

よい子の皆さんは自己責任でお願いしますヨ!

洗面台で水を流しながらギアハウジング内に脱脂剤を遠慮なくスプレーしていきますと、油分と汚れがどんどん流れ

出ていきます。

今回もギアハウジングからパーツをバラさずに脱脂作業を行いましたので、当然ベアリングもそのまま脱脂されて

おりますのであまりよろしくない事かと思いますヨ・・・

内部に脱脂成分が残らない様に時間を掛けてよく乾燥させます。脱脂後10分経過してもギアハウジングを触ると

まだ冷たい。脱脂剤が揮発しているということでしょう。30分以上経ったところで常温になりましたのでヨシとします。

本当にきれいに油分が無くなりました。

ベアリング内に脱脂剤が残っていないであろうことを想定して次の作業に移ります。

各ベアリングにはシマノメンテナンスオイルスプレーを多めに塗布します。本来であればベアリングを外してどぶ漬け

したいところではありましたが・・・

次に

160711-153346_R.jpg
メーカー製のグリースをギア摺動部全体に多めに塗布します。

リール購入時にはギアには黒いグリースが塗布されておりましたが、今回のものはPTFE配合で無色透明です。

160711-155305_R.jpg 160711-155325_R.jpg

画像では見づらいでしょうが、塗布後にある程度回転させてグリースを馴染ませたら周辺部にはみ出てしまいました。

不足が無い様、念のためもう一度塗布してから組み立て作業に入ります。

次にハンドル内のベアリングとベイルのラインローラー内のベアリングを清掃・注油作業となります。

160711-160349_R.jpg

ハンドルのキャップを10円玉を使って外したらネジが見えます。

このネジを外すとベアリングが2個出てきます。

160711-160500_R.jpg

更にラインローラー側のネジを1本外して

160711-163959_R.jpg 160711-164005_R.jpg

ラインローラーとその奥にベアリング1個。
160711-164016_R.jpg 160711-164058_R.jpg


もう1個のベアリングはネジを外した側に残っておりますので(画像右)すべて取り外して先ほどの

ハンドルノブ内のベアリングと一緒に脱脂、乾燥したらシマノメンテナンスオイルにどぶ漬けし1分放置。

油分を多少拭き取ってから組み付けし最後に少量オイル塗布。

言い忘れておりましたが、メインシャフトにあるベアリング
160711-160513_R.jpg
画像内左側

も同様に脱脂、乾燥後にオイル漬けし組み付けし完了です。

160711-170130_R.jpg

慣らし運転のつもりでゆっくり回転させてオイルやグリースを馴染ませていきます。

初めのうちだけ若干異音が発生しましたがスグに収まりました。きっとオイル類が行き渡ったことでしょう。

近頃は気温が高く我が家は室内では熱いので熱でグリースが流れ落ちない様に冷暗所に保管しております。

なんだか気を使っている様な気を使っていない様なメンテナンス奮闘記でございました。

とりあえずは回転が少しだけ滑らかになったのでヨカッタ!

必要な工具は6角レンチ10㎜、マイナスドライバー、プラスドライバー、ピンセット、グリース、オイルスプレー、

脱脂剤、キッチンペーパーなどでした。

このリールをショアジギに使うのもつらい面があるのですが冬はイイです。リールフットが樹脂製なので冷たくなり

づらいんです。アルミ合金のリールは冷たいのなんのっ!指先が凍り付いてしまいそうになります。

このリールの良いところは少ないのですがレボネオスの豆知識でした。冬はイーヨー!!(笑)

今回のエントリーが何かのお役に立てば
ありがたいです。
↓クリックで応援お願いします


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

小シマゾイのシマジローが釣れる

皆さん、老いも若きも元気に釣りにいそしんでいることと思います。

小樽はブリフィーバー!私も2年半前にフクラギをゲットして以来、ショアジギングに目覚め始め、先日のワラサを釣り上げるに至ったという訳で記念すべき日となりました。

その後には心の洗濯をしにキャンプへお出かけ♪

160628-182215_R.jpg

ウォーターフロントを陣取り、素敵な景色を眺めながら夜がふけていく・・・見上げれば満点の星空がそこにあり乾杯!

小樽に帰ってくればちょいロックへでかけてみる。

6/28とチョット前の話ではありますが・・・

160629-195220_R.jpg

遠くにはイギリス船籍の豪華客船ダイアモンドプリンセス号が出港時間を待っているのであろう。それを遠目に眺め

ながら僕はキャストをする。狙うは25センチ以上のソイ!そしてキタ!































160629-202418_R.jpg

どりぃやぁ~っ!!??


手のひらサイズのシマゾイ君でした。ありがとう、シマジロー♪お礼を言ったあとに故郷へ帰してやった。

実は外海側でジグを振ってみたが反応は無し。一度ライズを確認したのみであった。

さて、気が済んだので帰ろう、ダイアモンドプリンセスを見てから。

行ってみるとまるでホテルが鎮座しているかの様なたたずまいでそこにいる巨大な船。

160629-211310_R.jpg

こんな巨大な船が沈没したら大変だな・・・などと余計な心配をしながら とある映画を思い出す。

「タイタニック」、「ポセイドンアドベンチャー」、「ゴライアス号の奇跡」 遠い昔に見た映画であるがどれも豪華客船が沈没

してしまうストーリーなのである。ダイアモンドプリンセスの航海安全を願いつつさよなら♪

ということで小樽市には色々な大型船が数多く入港しているのである。興味のある方は以下のリンクから予定表を

ご覧ください。小樽港クルーズ客船寄港予定は小樽市のウェブページをご覧ください。

それから小樽市では「うしお祭り」という大きなイベントが控えております。どうやらダイヤモンドプリンセス号の入港が

7/30とうしお祭りにバッティング。乗客の方にとってはさぞ楽しい1日となることでしょう。ということは外国人観光客が多く

なることが予想されますのでウェルカムで歓迎したいと思います。(花火大会は29日&31日)

それでは皆さん、小樽いいとこよっといでぇ~ どんどんざぶ~ん どんざぶん~♪

小樽うしお祭りに来たい方、
↓クリックお願いします


にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

6/27 ワラサを捕獲!

前回記事のお約束であった、手に付いたガルプのニオイ落とし。

ステンレスソープで何度か洗うと良い様な気がします。私はそれで効果を実感しております。

流水で流しながらステンレスソープに手や指をこすりつけてニオイを流してしまうんです。

ハンドソープを付けてやったりしてます、どうぞお試しあれ。完璧ではないもののナカナカの効果かと思います。

諸事情により自宅での実験禁止となりましたので、上記レポートでお許し願います。

さて、本題です!

6/27 小潮 気温15度 そよ風あり 海水わりとクリア in 小樽

ターゲットはイナダ!

AM6:00実釣開始 

実は今シーズン、というか今月3度目のアタックになります。

実はその前にもロック釣行にも出向いており、ブログ更新はしておりませんが小さいシマゾイ連発や良型クロソイ

を食す!などのエピソードがありましたが時は流れて今に至ってしまいました(笑)

ということでイナダを狙い2時間ジャスト。来ました!!

160627-080527_R.jpg

サイズは65cmオーバーでした。ワラササイズ!

色々試してようやくでした(汗)ジャーク、フォールl中に食ってたのだと思います。次のジャーク時にグググッと乗りました。

ロッドは弓なり、ドラグ調整が忙しいわ、タモ網ないわでムムムッ・・・でしたがお隣さんがタモ持って助けにキテ

くれました。お陰様で無事にランディングしていただきました。ホントにありがとうございます、この場を借りて再度

お礼申しあげます。

仕事前のライトショアジギング、もう帰らねば!とお隣さんにお礼を申しあげ、すたこらサッサと家路へ急ぐ。

途中の方が言うには、本日4本目だよ~とのことでした。

釣った30分後にはキッチンで臨戦態勢♪

160627-083840_R.jpg 160627-083847_R.jpg

この時点でヒレや尻尾が痙攣状態で絶命寸前でした。無事に3枚におろして今晩のおかずとなりました。

160627-212726_R.jpg

お刺身と竜田揚げ♪ 竜田揚げが以外に美味しくハマりました!

ロッド:9フィートのシーバスロッド ライトアクション
リール:2500MSH
ライン:PE1.2号+リーダー12ポンド FGノット
ジグ:100円ショップ 18gジグ 青色 + シングルフック ♯1/0

ちょっと主導権を握るには頼りない装備でしたがギリギリの勝負を楽しんだ雰囲気がよかったです。
(できればロッドは9.7フィートのミディアムアクションでリールは3500SH、せめてこれくらいにしたかったところ・・・)


そういえば、先日23日には19時頃に70cm程のヒラメちゃんも釣っている方が居られました。

知り合いの方も同日朝か?に70cmのワラサをゲットしたと聞きましたので、もう少し楽しめるのかもしれません。



それではまた次回!グッドラック!

ショアジギを頑張っている方、
クリックお願いします

  ↓

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村
NEXT≫
釣り情報はこちらから
プロフィール

クーネル

Author:クーネル
生息地:北海道小樽市
年齢:約40歳
根魚暦:2007年よりワームフィッシングを始める
コンセプト:釣行の記録

最新記事
月別アーカイブ(タブ)
カテゴリ
FC2カウンター
全記事表示リンク
今の閲覧者の人数です
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3774位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
426位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
select the language
便利帳
PVアクセスランキング!
今のニュースは?