根魚デラックス!

根魚デラックス!

ワームを使ってソイやアイナメなどのロックフィッシュ釣行記~北海道の小樽市からコッソリお届けします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜に行ってみた!

10/19 深夜 24:50~

すっかりこんな時間からのプチ遠征フィッシング。前回はシーズンインを確信したので今回は良型ポイントへと打って出た訳である。現地へ到着すると予想よりも若干風が強め。せっかくベイトタックルで攻める気になったというのに・・・・思った通りに気持ちよく楽しめそうになかったので今回はいつものスピニングタックルで第二のポイントでチョイ釣りを試みる。

すると一投目からグンッ!っと持ってかれた!!


171019-005351_R.jpg

おおっと!まずまずのサイズでありながら引きが気持ちよかった!この感じはヤル気があるお魚さん達が沢山居るのでは!?

と期待させてくれる!

でも全然釣れないです・・・

その後粘りますが


小ソイを2~3尾追加。

171019-013123_R.jpg

暗闇の街灯下に気配を感じた私が振り向くと

身を丸めたニャン太郎が鎮座!よしよし、この魚を君に食べてもらおうじゃないか。

それっ


スタタタタッ


カブッ!


ササササさっ


草むらへ消えていきました。

これでおしまいです。


次はいつの釣行となることやら・・・

ベストシーズン中に行けるといいな・・・

皆さん、足元に気を付けて
デカイの釣ってください!




にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

10/6小樽港でダブル尺オーバーの奇跡!&ソイ3種を捕獲!

10/6 大潮(潮下がり) 微風 海水若干白濁 気温15度程度か

21:20開始!この場所としてはドン深に5gジグヘッドにチビアダーの白を装着してフォール、着底しリフトするとちっちゃなシマゾイが顔を見せてくれた。またシマゾイか!?という感想である。というのも前にも書いたがここしばらくシマゾイが釣れ続けているのである。パターンはいつも同じ。ばらしてしまうとキャストしフリーフォール、着底、ラインスラッグととってからリフトすると既に食っているのでアワセといった一連の流れである。ほぼ毎回このパターン。特に1投目にこの状況が多いのである。なぜなのかはわからないが・・・しかもそれは続くことはなく毎回一度きりでおしまいなのである。不思議・・・

171006-212033_R.jpg

根掛かってしまったので次は3.5グラムのジグヘッドにレインズのバブリングシャッド白を装着し今度はラインブレイク覚悟でゆっくりとスイミングさせているとガンッ!っとキタ!ひったくられる とはこのことであろう、というアタリであった。いきなり強い引きに緊張感が高まる。ここは潜られたらPEラインが切られること必至である・・・がしかしチビソイハンターの私にとっては思った以上の重量感!強めに合わせておいたつもりのリールドラグが4~5ノッチほどチチチチッっと鳴らされたもんだから、????ちょっと待て、ドラグ鳴ったよな今!?っと心の中で自問自答し驚きを隠せない。足場の高い場所であったがクロダイロッドでブチ抜きました。
しっかりと計測すると35.5cmと自分としてもかなり良い成績!
こんなことは私のオカッパリでは滅多にないので写真をオンパレード!

171006-213342_R.jpg 171006-213409_R.jpg
171006-213422_R.jpg 171006-213451_R.jpg
171006-213654_R.jpg 171006-213701_R.jpg

これでしっかりと釣行の記録に残せたというものである。

さて、ランガン先で今度は5gジグヘッドにパラマックス6インチのグローを装着しボトムをとってからリフト・フォール、次にリフトすると食っていた!これまた良い引きを味合わせてもらいました。

171006-220950_R.jpg

先程ではないのですが、よきかな

こんどはよりボトムを意識して10gジグヘッドにレインズ バブリングシャッドの赤を装着。リフト時に違和感を感じて合わせてみるとノッタ。でも期待していたのとはちがったマイルドな引き(笑)

171006-222726_R.jpg

ほう、マゾイであった!小さくても好きな魚が来てくれると嬉しいではないか!

これはもっとクルでしょ!?っと次!
執拗にボトムを攻めるとリフト時にノッタ感触があり追いアワセを入れると これまた期待以上のバトル開始!
スピニングタックルだがやっていることはベイトタックルとほぼ同じなのである。
獲物をいなして抜きあげる!

171006-223034_R.jpg 171006-223038_R.jpg

ヤッタ!また尺オーバー!!今日はどうかしているな・・・

おしっ!もういっちょいったろか!?っと奮起する。

ようやくアタリがあった

171006-231428_R.jpg

またまたシマゾイ大魔神様でした。

その後は一切バイトがなく時間になりましたので終漁~♪

「本日の釣りはシマゾイに始まりシマゾイに終わる」

これであすからの激務に励めるというものである。っと自分に言い聞かせております(笑)

使用ライン:スーパーファイヤーライン1.0号、リーダー10lb 2ヒロ (FGノット)
リール:シマノ2500SH
ロッド:アブガルシア スピニング 黒鯛ロッド 7.6ft

海水温も20度を下回ってベストシーズン到来だ!
と思っていただけた方、
↓クリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

9/21(木)大潮のプチ遠征 激濁りの海でフィッシングゥ~♪

釣り好きの皆さん、こんにちは。4か月ぶりに記事を書くことになりますので、当ブログを見たことのある方からも忘れ去られてしまっているのではないかと思います。
以前の様に釣りにいそしむことができない環境となってしまいましたのでブログ更新頻度が絶賛ダダ下がり中!!

いいんですよ、だれかと競っている訳でもありませんからマイペースで時間のある時にこうやって細く長くやっていければ良いと思っております。いつ行こうか、いつ行こうか!?と待ちわびているにもかかわらず天気にも恵まれず撃沈される日々を過ごし、先日ようやくその日がやってきた。天気が崩れた後であったがこのタイミングしかない!ということでプチ遠征へGO!

今回は釣れる確信がなかったので「ら~めん釣~リング」略して「ラー釣ー」と称してボーズでも楽しめるプランを実践してきました。
18時過ぎに現場到着しポイントまでテクテク歩きスタートフィッシング。
しかし激濁りの海・・・釣り人なし  久しぶりに訪れたこの場所であったが消波ブロックがズラッと無くなってしまっている個所もありなんとも雰囲気が変わってしまっておりました。
それでも覚えのあるポイントを狙っていく。1.8gジグヘッドに2インチ弱の黒いシャッドで反応なし。すぐに3.5gジグヘッドに6インチのパラマックス グローカラーに変更。一度だけオンフックしたのだが途中でバレてしまう・・・
これは・・・とあきらめかけて最後に街灯下で足元を狙っているとドンっとHIT!!

はぁ~~~ えらいこっちゃ~~~~~!!!

引きが強くて ぬおあぁぁっ! 久しぶりの感触 手元にグググググッ!と♪ この引きはアイナメ様か!?

クロソイ殿でした。

170921-193932_R.jpg 170921-193952_R.jpg

それにしても楽しかったから良かった!調子に乗ってこの後1時間粘ったけど反応を得られず撤収!!

さて第2ステージ開始。車内にてラーメンを!

170921-210711_R.jpg

ガスバーナーでお湯を沸かしてアツアツのラーメンをいただきました。

すっかり体が冷えておりましたので ほんっとに温まりました。(#^.^#)

(一泊できればお酒を飲んでもっと楽しめちゃいます♪)

もう暖かい服装で快適なフィッシングを心掛ける季節となりました。

てことは秋のフィッシングシーズン到来っということで、皆さん足元に気を付けてお願いします。

  久しぶりに訪問してくれた方、
 ⇓クリックお願いします

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

尺オーバーのアンチクショーが釣れた!!!

5/29 小樽市内 R で久しぶりの1時間まったり釣行


今回はワイフと一緒にフィッシング(←ワイフと言ってみたかった!)

先行者がお2人、うちお一人は電気浮きでイカ釣り?もう一人は同業です。

同業さんは着水音がジャボン!私たちはポチャン!といったリグの重さでございました。

20分程で手のひらサイズのソイとガヤ(エゾメバル)をゲット・・・トホホ

その後ようやくキタ!

170529-202027_R.jpg

シマゾイ大魔神様であった。しかし体系が貧弱ではないか・・・この胴体にこのシッポ!まぁ、よきかな

その後、流れ込み近くでカーブフォール中に気持ちの良いアタリ!

これは本日最大サイズのえげつない引きっ!

170529-204203_R.jpg

破壊神のウグイ様であった

その直後!ワイフにも魚信っ、やっときたきたやっときた

170529-204430_R.jpg

シマゾイ大魔神様だっ!

小樽や近隣の漁港では昨年あたりからシマゾイが良く釣れている(筆者である私の釣果と感覚です)

約1時間の釣行を終漁した。

ウグイ最高!

ありがとうございました。

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

携帯用パドルストロップを製作する

先日のことであるが、せっかくの休みだというのに午前中は自宅から外に出ることができない。

よし、作業をしよう!なにかを作って活用できるというのは楽しいものである

youtube動画で見つけた例を採用して携帯電話ホルダーをアマゾンでゲットしナイフホルダーとして利用する

だけの話である。

さて、問題はそこの空きポケットには何を入れようか?ということで革砥を入れることにしよう。

そのポケットはとても小さいので「携帯用のミニ革砥」といったところになりそうだ。

100円ショップで手に入れたminiまな板!

170523-104321_R.jpg

これを切った張ったでうまく行きそうである

170523-104707_R.jpg

170523-110031_R.jpg

ノコギリの切断面が多少歪んでいるが気にしない気にしない

170523-115337_R.jpg

ナイフで削って形を整え、サンドペーパーで仕上げる

170523-130156_R.jpg 170525-082756_R.jpg


接着剤で裏と表に革を貼り付けて完成!ついでにガスバーナーで炙って木目を際立たせてみたところ、多少では

あるが味わい深い趣があらわれたのではないだろうか。保護目的にツバキオイルを塗りこみ完成

あとはコンパウンドを塗布して持ち歩けば出先での切れ味回復に大きく貢献してくれるはずである。

実際に装備してみるとこんな具合になった
170525-082552_R.jpg 170525-082605_R.jpg

革砥のサイズもジャストフィットで一安心。
170525-082620_R.jpg 170525-082920_R.jpg

こんな具合で使えそう。ホルダーとナイフシースはパラコードでダングリングされてお互いに干渉し合っており

コードストッパーで締め上げてあるのでナイフが脱落するような心配は無くなる。

そもそもそんなことをしなくてもシースから抜け落ちること自体、ほぼないのであるが精神的な保険みたいな

ものと考えている。出先で切れ味回復もある程度可能になり一石二鳥と相成った訳である。



このナイフホルダーのお蔭で キャンプや釣りでは より安全にナイフを携帯できる様になることであろう。

ただし、目的外の所持は厳禁であることを忘れてはなるまい。用もないのに車に保管したり釣りやキャンプの

行き帰りに腰やバッグにナイフを携帯したままコンビニやスーパーなどに買い物に入ろうものなら逮捕されても

言い訳の効かない事態になることであろう。目的外にマイナスドライバーを携帯していても逮捕されるのだから・・・

ホームセンターで売られているアウトドア用10徳ツールも同様ですので、銃刀法や軽犯罪法に抵触する可能性のある

ツールを自宅以外で所持するのは十分な注意が必要になりますので皆さん気を付けましょう。

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
釣り情報はこちらから
プロフィール

クーネル

Author:クーネル
生息地:北海道小樽市
年齢:約40歳
根魚暦:2007年よりワームフィッシングを始める
コンセプト:釣行の記録

ネザ・デラlocal weather forecast
風速は毎時!!
select the language
PVアクセスランキング!
全記事表示リンク
 
今の閲覧者の人数です
 
 
FC2カウンター
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。